検索
  • Michihisa KOYAMA

2050年の脱炭素社会に向けた現状と今後の展望

化学工学誌2021年1月特集号「2050年の脱炭素社会に向けた現状と今後の展望」を企画、担当しました。詳細はこちら。「温室効果ガス排出実質ゼロに向けて」とのタイトルで寄稿もしています。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

情報機構社から「カーボンニュートラル燃料最新動向~水素・アンモニア・e-fuel・バイオ燃料~」が出版されます。古山が第2章 水素等製造技術の発達、第1節 カーボンニュートラル実現に向けた水素の役割と低コストグリーン水素の可能性を執筆しました。詳細はこちらから。