検索
  • Michihisa KOYAMA

サーキュラーエコノミーと価値創造

 サーキュラーエコノミー、資本主義史上最大の革命、として巷間をにぎわせています。

 様々な視点があり、定義も定まっているような、いないような、と思われる方も多いのではないでしょうか。サーキュラー=循環の視点で、国内では環境省が地域循環共生圏の方針を打ち出しています。これまでの発想では、循環をさせる=理念としてはよいが高コスト化につながる、となってしまいがちです。そのため、無駄を省く、との視点が出てくるのは自然です。アクセンチュアの提唱する「4つの無駄」を省くとの視点は、なるほど、とうなずいた方も多いのではないでしょうか。4つの無駄は、


1. 資源の無駄:化石燃料やリサイクルできない素材を使っている

2. キャパシティの無駄:十分に利用されていない

3. ライフサイクルの無駄:耐用年数が過ぎる前に利用されなくなっている

4. 潜在価値の無駄:廃棄製品から回収ができずリサイクルができない


とされていますね。

 X-Scientiaでは、この視点には異論を唱えるべき点がないことが要注意ではないかと思っています。一つ、根本に立ち返って考えてみましょう。

 まず、サーキュラーエコノミーが資本主義史上最大の革命ということは、資本主義が始まった時点での資本主義を「資本主義1.0」ととらえたときに、サーキュラーエコノミーによって「資本主義2.0」が実現されるのであって、これまでに私たちが取り組んでいた3R(Reduce、Reuse、Recycele)は、例えば「資本主義1.1」だということを意味します。この目線で4つの無駄を見直してみた時に、どのような印象を持つでしょうか?3Rの延長線上にあると見ることもできるでしょう。

 X-Scientiaでは、サーキュラーエコノミーの本質は、外部性の内部化にあると見ています。外部性内部化については、ググったり、例えばWikipediaを眺めていただくとよいと思いますが、端的に言えば、従来の資本主義経済では顕わに取り扱ってこなかった価値を顕わに取り扱うことを意味します。環境負荷につながる温室効果ガスの排出を顕わに取り扱うマーケットが排出権取引であり、自動車排ガスなどの環境規制は、環境に悪影響を与えるという外部性を市場経済に内部化する例と言えます。

 外部性の内部化には、正の価値の内部化と負の価値の内部化があります。価値の内部化は、例えばエシカル消費や環境価値取引で、これまで、例えば倫理的な価値はあると思われてきた価値を市場での取引に取り込んだり、その価値そのものを取引する市場を産み出したりすることを指します。負の価値の内部化は、排ガス規制がよい例です。

 安かろう悪かろうという日本車は、排ガス規制で求められる高い目標を技術で乗り越えてくることで、世界に関たる位置を築いてきたと言えます。無駄を省くという視点は、負の価値の内部化にすぎません。正の価値の内部化をする視点で、市場を創造することができるとX-Scientiaでは考えています。

 2021年4月から始動したプラチナ構想ネットワークのサーキュラーエコノミーワーキンググループではその議論が始まっています。一緒に価値の創造に挑戦しませんか?

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本は、2009年に家庭用燃料電池、2014年に燃料電池自動車の一般市販化を世界に先駆けて実現し、水素戦略などの策定も先導してきました。2017年に策定された水素基本戦略の中では、2030年の水素製造コスト目標を30円/Nm3(330円/kg)と早期に定めてきました。そのため、水素に関しては世界をリードする国と認識されてきました。しかし、カーボンニュートラルに向けた動きが世界中で先鋭化する中、その

2021年は、脱炭素に向けたグリーン水素やサーキュラーエコノミーに関連した発信が続きました。2022年も加速していきますので、よろしくお願いいたします。 2021.3.24 【寄稿】日本の脱炭素投資2兆円は少な過ぎ、せめて集中投資戦略を明確に、日経xTech 2021.7.7 【依頼講演】再生可能エネルギーが主力電源となる再生エネ4.0時代における蓄エネルギー技術、日本学術振興会シリコン超集積シス

最近、水素に様々な色が付けれら始めています。 水素は二次エネルギーで、それ自体でCO2を排出しなかったとしても一次エネルギーから水素を製造する段階でCO2を排出しては意味がなく、一次エネルギーを識別する意味で色がつけられはじめています。これは、電気は二次エネルギーで、それ自体でCO2を排出しなかったとしても一次エネルギーに化石資源を使ってはCO2を排出していまうことと同じですね。再生可能エネルギー