検索
  • Michihisa KOYAMA

グリーン水素・サーキュラーエコノミー2021

2021年は、脱炭素に向けたグリーン水素やサーキュラーエコノミーに関連した発信が続きました。2022年も加速していきますので、よろしくお願いいたします。


2021.3.24 【寄稿】日本の脱炭素投資2兆円は少な過ぎ、せめて集中投資戦略を明確に、日経xTech

2021.7.7 【依頼講演】再生可能エネルギーが主力電源となる再生エネ4.0時代における蓄エネルギー技術、日本学術振興会シリコン超集積システム第165委員会7月研究会 @online

2021.7.12 【動画配信】脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向、環境ビジネスオンライン(全5回)

2021.9.24-25 【依頼講演】Economically-feasible Green Hydrogen Production, Renewable and Sustainable Energy Virtual@online

2021.9.30 【プレスリリース】副産物の有効活用によるグリーン水素サプライチェーン構築に向けたシステム開発 ―未利用エネルギーと副産物の有効活用により水素の低コスト化を早期に実現―、PR Times

2021.10.7 【依頼講演】脱炭素時代のエネルギー~サプライチェーンのグリーン化とグリーン水素~、一木会セミナー@大阪産業創造館 &online

2021.10.21 【依頼講演】脱炭素化に向けたグリーン水素の役割と低コスト化 情報機構セミナー@online

2021.11.2 【依頼講演】脱炭素・循環経済の潮流と基礎研究、第三回HiCRiCオンラインセミナー@東広島&online

2021.11.9 【依頼講演】脱炭素に向けた水素の低コスト化とビジネスチャンス獲得の視点 JPIセミナー@東京&オンライン

2021.11.27 【依頼講演】脱炭素の潮流・背景と今後の視点 プラチナ構想スクール修了生2021 年度・第8回アフターミーティング@東京 &online

2021.12.10 【依頼講演】脱炭素とグリーントランスフォーメーション、プラチナ構想スクール第5回@東京 &online

2021.12.15 【動画配信】国内グリーン水素の社会実装~国内外の水素の動向と早期社会実装の視点~、環境ビジネスオンライン

2021.12.15 【寄稿】加速する脱炭素化、再エネ活用を支える蓄電池や水素の動向に注目、日経xTech


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

グリーン水素の低コスト化

最近、水素に様々な色が付けれら始めています。 水素は二次エネルギーで、それ自体でCO2を排出しなかったとしても一次エネルギーから水素を製造する段階でCO2を排出しては意味がなく、一次エネルギーを識別する意味で色がつけられはじめています。これは、電気は二次エネルギーで、それ自体でCO2を排出しなかったとしても一次エネルギーに化石資源を使ってはCO2を排出していまうことと同じですね。再生可能エネルギー

サーキュラーエコノミーと価値創造

サーキュラーエコノミー、資本主義史上最大の革命、として巷間をにぎわせています。 様々な視点があり、定義も定まっているような、いないような、と思われる方も多いのではないでしょうか。サーキュラー=循環の視点で、国内では環境省が地域循環共生圏の方針を打ち出しています。これまでの発想では、循環をさせる=理念としてはよいが高コスト化につながる、となってしまいがちです。そのため、無駄を省く、との視点が出てくる